区分/メーカー 型名 価格(税込)
関兼常 美濃傳古式百錬狩人 匠 \15400
 

程度 新同、未使用と思われますが、長期保管による、細かいキズや色ムラ等があります。
※ナイフには製造時や保管・鑑賞時に生じた多少の擦れや傷等がある場合があります、また革製シース付の場合は経年変色や色ムラがある場合があります、ご了承ください。
全長 全長40cm 刃長約24cm、刃厚約6mm 重量510g (全長や刃長、刃厚等は計測の方法で変わります、ご了承ください)
備考 関伝780年の日本刀造りの伝統が息づく関兼常の狩猟刀です。狩猟仲間の豊富な経験から生まれた独特なアングルが驚異的な使い易さを発揮します。刃材は粘り強さに定評のある青紙2号を採用。不必要な気取りはなく、ひたすら「切る」「裂く」ことのみに磨きをかけた狩猟ナイフの逸品です。ブレード鋼材:日立安来鋼青紙2号 ハンドル材:樫 箱、レザーシースが付属します。手作りで、鋼材をしている和刀のため、製造過程でできた擦り傷があり、また経年変化で擦り傷、錆等ができやすいので、状態は画像で判断してください。

ナイフの注文は25歳以上からとさせて頂きます。25歳未満の方にはお売りできません。
ナイフに不慣れな方にはお売りできません。
価格は定価の50〜60%くらいが主流で、ほとんどがコレクター放出の未使用の中古極上品です。
ナイフには製造時や保管・鑑賞時に生じた多少の擦れや傷等がある場合があります、
 神経質な方にはお勧めできません、ご了承ください。

(※買物カゴ・ボタンをクリックする前に必ず、ご注文ガイドをご覧ください。)